--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
11.04

【WoWs】最高取得経験値更新!【青葉】

Category: WoWs
6.jpg

自身の最高取得経験値を更新したのでその自慢です

8.jpg

7.jpg

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
10.29

【WoWs】制空編成と攻撃編成【空母】

Category: WoWs
単純にダメージを取って直接的に勝利に貢献する攻撃編成か、与えるダメージは減るが制空権をとることで間接的に勝利に貢献する制空編成。どちらの貢献度がより大きいかは正確なデータがないので測れないが、それを左右する要因を簡単に書いていく。 

マップの広さ
狭いマップだと制空編成の独壇場。敵の攻撃機会をつぶしつつ、駆逐艦もあぶりだして照らし続けることが可能。逆に広いマップだと攻撃編成に分がある。敵戦闘機の監視網に隙間が生まれ、艦と艦の距離が空きやすいので攻撃チャンスを見つけやすい。

空母の数
双方に2隻ずついた場合、最低でもどちらかが制空編成じゃないとかなりつらい勝負になる。さすがに2隻分の監視網は厳しく、囮を使っても攻撃チャンスをつくるのが難しい。もしそうなったら2隻で強引に片方の空母を落としにかかってもいいくらいである。1隻ずつならある程度狭いマップでも攻撃編成はダメージを取れるだろう。

対空巡洋艦の数
マッチングに巡洋艦が多くいて戦艦が少ない場合、攻撃対象自体が少ないので攻撃編成はあまり活躍できない。敵の空母に巡洋艦が護衛していたらなおさらである。逆に制空編成は積極的に敵の駆逐艦を探して味方の巡洋艦に仕留めてもらうことができる。巡洋艦の進みたいルートを先回りして索敵してあげるといいだろう。


とまあ簡単に書き出してみたわけだが、始めからわかっていたように結局は楽しいと思う方でやればいいというのが結論になる。ただどちらにもそれぞれ違った難しさがあるので、自分がやりやすい方を選ぶのも手ではある。個人的には攻撃編成のほうが平均経験値・平均ダメージ・勝率ともによかったし、なにより攻撃編成のほうが使っていて楽しいと感じる。

強いていうなら分艦隊を組んだ時に、仲間の戦艦を護衛したり仲間の駆逐艦から敵艦載機を追っ払ったりするには制空編成が向いているし、逆に敵への迂回路を進んでくれる対空の高い巡洋艦が仲間にいるなら攻撃編成が向いていると感じた。

今はまだランダム戦しかないが、将来的にWoTでいうクラン戦みたいな集団戦が実装されたときは、おそらく主力の戦艦群を護衛するための制空編成が重宝されるのではないだろうか。

Comment:0  Trackback:0
2015
10.15

【WoWs】本当に制空編成一択なのか?【龍驤】

Category: WoWs
5.jpg

この戦闘結果の、自分と味方の龍驤を比べてほしい。

制空編成で相手の艦載機37機を落として制空権に寄与し、味方が攻撃しやすくしつつ相手の空母に仕事をさせないという点で勝利に大きく貢献したのに、攻撃編成で単純にダメージを取った味方の龍驤のほうが経験値は高くなっている。

味方アシストという概念があるのであれば、確実に自分のほうが経験値は高かった自信はある。が、ここで言いたいのはシステムへの文句ではない。

問いたいのは、「こういう計算方式なら龍驤の攻撃編成もありなのではないか?」ということである。

確かに今回味方の龍驤がダメージを稼げたのは自分が制空権を取ったからというのはもっともな意見である。そして自分も攻撃編成にすることでより制空権を取られる状況が多くなるという意味では味方に負担を強いることになるだろう。

しかし逆に制空権をとって相手の空母を妨害して敵艦のスポットに勤しんだところで、味方がそれを有効に生かす保証はどこにもない(むしろ大体味方はあてにならない)。

ならば制空権を取られる前提で、自分自身が敵戦闘機の目をかいくぐって直接ダメージを稼げることができれば、そのほうが勝利への貢献度は大きくなるのではないだろうか。そもそも日本空母は制空能力に関してはアメリカに一歩譲るので、わざわざ攻撃能力を捨ててまでそこで張り合うのにも疑問を感じる。  

制空権を取られても、このTier帯から出てくる対空能力の高い巡洋艦や戦艦を利用したり、艦載機の巡航速度を利用したり、または雷撃と爆撃をそれぞれ分散させて動かしたりと、難度は格段に高いがやりようはあると思う。

ということでしばらく攻撃編成でやってみて、それでどちらが平均的に勝利への貢献度が高いか確かめてみたい。


Comment:1  Trackback:0
2015
10.07

【WoWs】Zuihoで基礎経験値2000オーバー達成!

Category: WoWs
3.jpg

Tier5空母の瑞鳳でプチ目標であった2000経験値を達成しました!

終盤2対5の圧倒的劣勢の状況から最終的に駆逐艦との一騎打ちまでもちこみ、最後は残り20秒で十字雷撃により敵を撃破。

ほんのわずかに発動した発見マークから敵の位置を逆算し、逃げれないところで完璧に待ち構えた時はしたり顔でした。

こういう試合をもっと経験して、今後やる予定の高Tierでも活躍できるよう精進したいと思います。

4.jpg


Comment:0  Trackback:0
2015
10.01

【WoWs】初心者向けおすすめ艦長スキル【巡洋艦編】

Category: WoWs
2.jpg

「始めたばかりで”艦長スキル”でなにを取ったらいいかわからない」という人向けの記事。

レベル1
基本射撃訓練(155mm以下の砲の装填時間 -10%、対空砲性能 +10%)
巡洋艦の主砲が20.3cmになるのはアメリカがTier7からで、日本がTier5から。低Tierでの恩恵が大きい。主砲が20.3cmになったとしても、その時は対空砲が充実するようになるのでスキルが腐ることはない。

状況認識(自艦艇が敵艦または敵機に発見された際にインジケータを表示)
全艦種に必須のスキル。


レベル2
熟練砲手(155mm以下の砲の照準時間 +2.5度/秒、155mm超の砲の照準時間 +0.7度/秒)
上記に書いてように、低Tierでは155mm以下を扱うことが多い巡洋艦には有用なスキル。


レベル3
厳戒態勢(消耗品「応急工作班」の再準備時間 -10%)
少しクレジットを要するが、プレミアムの応急工作班Ⅱとこのスキルを併用すれば艦の生存性は格段にあがる。


レベル4
初心者にとってはかなり先のことになるだろうが、爆発物専門家上級射撃訓練の選択になる。どちらかというと後者のほうが優先度は高い。


※火災発生率を低下させるレベル2の防火処理は殴り合いをする巡洋艦にとって魅力的であるが、頑張ってポイントを貯めてレベル3でとれる厳戒態勢を優先したほうがいいだろう。

Comment:0  Trackback:0
2015
09.18

【WoWs】お船、始めました!

Category: WoWs
1.jpg

2週間前あたりから、今話題の「World of Warships」をやり始めました。

リアルが色々忙しくゲーム自体あまりできていない最近ですが、時間をみつけては初回勝利のボーナスだけ回収するようにしています。


9月17日の正式サービスに伴い、マッチングやゲームバランスが改善されたのでまだやってない人はおすすめです。

WoTをやっている人はプレミアムアカウントが共有というのが良心的です。かくいう自分はWoTのほうは全然やってないんですけどね。

一見ゆったりと海を漂いただ殴り合っているように見えますが、Tierがあがるにつれて艦種毎の役割だったり、制空権だったりと複雑な要素が絡んできて、このゲームの奥の深さがうかがえます。

最初はなにがなんだかわからないと思いますが、とりあえずTier3あたりまでやってみることを推奨します。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。