--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
06.12

「レイセン」4巻の感想

Category: 過去記事
レイセン  File4:サマーウォー (角川スニーカー文庫)
林 トモアキ
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-12-28)
売り上げランキング: 9833

おりがみ」、「戦闘城塞マスラヲ」に続く「レイセン」シリーズの第4巻
今回のあらすじはおおまかにマックルとの親睦を深める話と、天白家での花婿対決の話の2つに分かれる

マックスとの話は上野とメガフロントを軽くデートしただけなので、今後の展開に向けてマックスを紹介する意味合いが強かったと感じられた
ラストでは木島との関わりが明かされたので、再びヒデオと敵対するのだろうか

天白家の話では久々にウィル子が活躍し、電子の神として成長した姿をみせた
勝負に使われた戦略のfpsゲームは、マスラヲでのサバイバルマッチを思い出させるもので胸熱だった
やっぱりヒデオとウィル子の信頼関係はみていて微笑ましい
今回はウィリアムセキュアのコンビが対比するように登場しただけあって、一層際立っていた
ウィル子がいるから勝てると言い切れるヒデオがかっこよすぎる

そしてエピローグではまさかの妹登場!
そしてヒデオの家に女五人というハーレム展開
意図せずとも次々と周りの好感度を上げていくとはさすが主人公だ
例え普段はヒキオタで口下手だろうと、要所要所で自分の信ずることを言葉や行動で表せることができるのがヒデオの主人公たるゆえんだなと思う

あとがきで筆者が述べていたが、今年で10周年とのこと
おめでとうございます
自分が「おりがみ」の1巻から読みはじめたは「マスラヲ」の4巻がでたあたりだが、今では遠い過去のように感じられる
3シリーズに別れているとはいえ、世界観やキャラは引き継がれているわけで、正直キャラの繋がりが複雑になりすぎて完璧に把握できなくなったのが現状
自分の記憶力のなさが恥ずかしい
詳細を思い出す意味でも、時間があれば全部読み直したい
Comment:0  Trackback:0
2012
06.10

「ミスマルカ興国物語」10巻の感想

Category: 過去記事
ミスマルカ興国物語 X (角川スニーカー文庫)
林 トモアキ
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-04-28)
売り上げランキング: 4385


林トモアキ先生の新巻、ミスマルカ興国物語第10巻
ついに明かされた大戦争の真相
人間対非人間の戦争ではなく、人間の自動兵器同士の戦争で人類が滅びかけたとは衝撃だった
人権を主張しすぎた末路みたいに書かれていて、面白い考え方だと思う
確かに完全自律型AIが暴走して人間を排除しようとする作品は沢山あるが、人間を守ろうとするがゆえに敵対したのは珍しい

そしたまさかのウィル子の登場!
今回は通信のみでどこか遠くにいるらしいが、今後も話に絡んできてほしい
どこにいるんだろ?
過去に打ち上げられた人工衛星のコンピューター内とかだったりして

ウィル子は「第二代聖魔王に世界を託された」と言っていたし、戦争開始時には人類が120億人いたことやコアユニットの科学水準をふまえると、戦争はヒデオ達の時代からだいぶ経ってから開戦したと考えるのが妥当だろう
戦争を記録した映像に出て来た自動兵器が大陸の西の魔物と酷似しているのも気になるところ

今回は強いキャラ揃いでマヒロの出番がバイクで突っ込む場面以外は周りに振り回されているばかりだったのが少し残念だった
未確定要素が多かったから仕方がなかったのはあるが…

まとめとして、今巻は戦闘よりも解説と下準備メインだった印象
最後の紋章がパリエルの手にわたり、聖魔杯のすべての要素が出揃った
大戦争の真実も明かされて、物語はいよいよ佳境に入っていきそうな予感

あと同時にエーデルワイスの過去にも触れる流れか
最後にみせたエーデルワイスらしくない不自然な挙動にも、ただならぬ訳があるっぽいな
文章を読んだ感じだとなにか大切なものを過去に失っているようだが、無表情冷血女の活躍にも期待したい


Comment:0  Trackback:0
2012
06.09

「これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド」の感想

Category: アニメ

これはゾンビですか?の二期。まさかの10話で終わりを向かえしまって不完全燃焼な感がぬぐえない。

クリスの件が全く解決されていないし、ようやくヴィリエの女王が出てきて、小説ではこれからが面白いところだったので少し残念だ。三期か劇場化の発表かと思われた重大発表も、ブルーレイのことだったし一部では打ちきりなのでは?との声もある。

最終話の内容を観れば賛同できなくもない。なぜなら10話でがやったことと言えば、半裸になって記憶喪失になってアンチスパイラルみたいになって厨二病を全開放したくらいで、主人公の立場を疑うw
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2012
06.07

「アクセルワールド」11巻の感想

Category: 過去記事
アクセル・ワールド〈11〉超硬の狼 (電撃文庫)
川原 礫
アスキーメディアワークス (2012-04-10)
売り上げランキング: 2305

あらすじ
ブレイン・バースト内を暗躍する謎の組織“加速研究会”。その総本山“東京ミッドタウン・タワー”の頂に鎮座する、“大天使メタトロン”。完全無敵の神獣級エネミーによって守護されている“加速研究会”を打倒するため、七王会議が開かれた。そこで導き出された秘策とは、シルバー・クロウの新アビリティ“理論鏡面”獲得作戦だった。メタトロンの放つ絶対即死極太レーザーにも耐えるアビリティを習得する命を受けたクロウだが、“心意技”がイマジネーションによって生み出されるのに対して、“アビリティ”は行動をトリガーに発現する。そのため、今までのハルユキの強いイメージだけでは、“理論鏡面”アビリティは習得できない。いっこうに糸口が見えないハルユキに対し、“アーダー・メイデン”こと四埜宮謡が哀しい過去を語り始め―。

続きを読む
Comment:1  Trackback:0
2012
06.05

「宇宙戦艦ヤマト2199」第1章の感想

Category: アニメ
宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2012-05-25)
売り上げランキング: 25

宇宙戦艦ヤマト2199第1章
あの名作中の名作、宇宙戦艦ヤマトのリメイク作品
ヤマトファンである自分にとって、是が非でも観たい作品であって、多いに期待を膨らましていた
DVDがようやく発売されて、劇場で見損なった自分はようやく観賞

原作を観ていたのと、実写版でガミラス人が人型でなかったのを不服に感じた経験から、最初は厳しい目で観ていたが、杞憂に終わってよかった
内容は素晴らしいの一言につきる
元の設定を尊重しつつ、なおかつ若干無理があったところをしっかり筋が通るように細かい修正がされていて、原作を知ってても色々新しい発見があって面白かった
一例として、主人公の古代進がいきなり戦術長に抜擢された理由を、抜錨直前の冥王星付近での戦闘で当初なるはずだった兄である古代守やベテラン達が戦死したことでかわりになったとしていた

そしてガミラス人がちゃんとした人型だったのに安堵
デスラーの登場が楽しみ
どの声優さんが担当するのかな

作画のほうも素晴らしい出来で森雪のあまりの美しさに感動すら覚えた
原作の森雪も美しかったが、時代によって美しさも捉え方が変わってきているのを実感
ヤマト本体も一段とかっこよくなっている
波動砲が原作よりも少し小さかった印象をうけたが、その分戦艦自体がスリムに感じたし自分は好感をもってる
波動砲な存在感は今後おのずと大きくなっていくだろう

最後にひとつ
第3艦橋って人の乗り降りをするところだったのか
純粋に驚いた

これは今後も期待以上のクオリティーを見せてくれると確信した
6月下旬公開の二章は是非とも劇場に観に行きたい
Comment:0  Trackback:0
2012
06.03

「緋弾のアリアAA」4巻の感想

Category: 過去記事
緋弾のアリアAA (4) (ヤングガンガンコミック)
赤松 中学 橘 書画子
スクウェア・エニックス (2012-05-23)

待ちに待った「緋弾のアリアAA」第4巻!!
早速読んでみたが、やっぱこのシリーズおもしろい
アニメ化してほしいくらい

学園とSFとアクションの見事なバランス感覚によって生み出される手に汗握る展開
この世界観を創作した筆者は尊敬にあたいする

今回の敵は秘密結社イ・ウーの構成員である毒使いの夾竹桃
どんな作品でも薬物使いは中堅の強さを誇るが、今回もその例にもれず流石イ・ウーだけあって強敵だった
そして彼女は間宮家と因縁があり、あかりの過去がついに明かされた

思ってた以上に間宮家が強くてなんで負けたの?って感じた
でも負けたというよりは逃げたって書いてあったから、みんな生きてるのか
なにかしら理由があったのだろうか?

それよりも母親の体操着のほうが気になるな・・・

上の例もそうだが、今回はビジュアル的にあっちに傾いてたのが少し気になった
体に目立った外傷もなく服が溶けたり破けたりって王道すぎでしょw
だが全体的に絵が進化していたし、ストーリーのクオリティは落ちていなかったので安心した

途中ちらっと出てきたキンジがイケメンになってたと思う
アリアも1巻に比べてかなり可愛くなったのではないだろうか

戦闘のほうも最後に見事に大技を決めて、すごくかっこよかった
あかりもだいぶ吹っ切れたようで、今後は迷いなく技に磨きをかけていくと思うとわくわくする
また、仲間達の更なる活躍にも期待する


ラノベのほうの「緋弾のアリア」12巻も読み、ますますこの世界観に取り込まれてしまった気がする
2期かAAのアニメ放送してほしい

あと最近ラノベでアリアの出番ないからAAで活躍しないかなー

Comment:18  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。