--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
05.27

「新約 とある魔術の禁書目録」7巻の感想

Category: 過去記事
新約 とある魔術の禁書目録 (7) (電撃文庫)
鎌池和馬
アスキー・メディアワークス (2013-05-10)
売り上げランキング: 41

ストーリー★★★☆☆ キャラクター★★★★☆ 世界観★★★★☆

内容(「BOOK」データベースより)
上条当麻が目覚めた場所は『暗闇の密室』だった。彼をそこに送り込んだのは、多角スパイ・土御門元春。この学園都市に、再び敵性魔術師が潜入し、持ち込んだ霊装で学園の壊滅を狙っているらしい。霊装による大規模術式発動阻止の『使命』を受けた上条は、残り数時間という緊急事態の中、急いで『暗闇の密室』から抜け出した!!―のだが、目の前に広がったのは、名門お嬢様女子校の更衣室で…。今回も爽快に不幸が炸裂する上条。ド変態の烙印を押され、凶暴な女学生たちから追われる中、途中で御坂美琴にも発見され、ついにチェックメイトかと思われたその瞬間…“幸運”にも、救いの手がさしのべられた。食蜂操祈。常盤台中学、第五位の超能力者『心理掌握(メンタルアウト)』である少女から。この出会いは、偶然の産物か、それとも『何者か』による必然の産物か―。科学と魔術が交差するとき、物語は始まる!

続きを読む
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
05.20

おすすめアニメ「Another」

Category: アニメ
Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
角川書店 (2012-03-30)
売り上げランキング: 24,215

ミステリー★★★★★ ホラー★★★☆☆ 死★★★★☆

1998年、春。夜見山北中学3年3組に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。同級生で不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。そんな中、クラス委員長の桜木ゆかりが凄惨な死を遂げた!この“世界”ではいったい、何が起こっているのか?秘密を探るべく動きはじめた恒一を、さらなる謎と恐怖が待ち受ける……。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2013
05.16

「アクセル・ワールド」13巻の感想

Category: 過去記事
アクセル・ワールド13 ―水際の号火― (電撃文庫)
川原礫
アスキー・メディアワークス (2013-02-09)
売り上げランキング: 29

ストーリー★★★★☆ キャラクター★★★★☆ 世界観★★★☆☆

内容(「BOOK」データベースより)
新アビリティ「光学誘導」を獲得したシルバー・クロウことハルユキ。ようやく「メタトロン」との決戦の準備が整ったかにみえたが、戦いの舞台は梅郷中学の文化祭へとうつる。「スカーレット・レイン」ことニコと、「アッシュ・ローラー」こと日下部綸に文化祭の招待状を渡してしまったハルユキは、黒雪姫の氷属性なオーラに脅えながらも、クラス展示班の仕事を他のメンバーと協力してやりとげる。そして、文化祭本番への期待に胸をふくらませるのだった。しかし、加速世界に混沌を広めんとする「マゼンタ・シザー」の魔手が、思わぬ方向から迫りつつあり―。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2013
05.13

「夏色キセキ」聖地巡礼の記録

Category: 日記
先日「夏色キセキ」の聖地である下田に聖地巡礼という名の旅行を友人としてきました。幸い天気もよく、温泉や会席料理を堪能しつつ楽しくすごすことができました。

そのときの写真をアップしたい思いまーす。

下田駅
044.jpg

下田駅前のバス停
053.jpg
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2013
05.10

「緋弾のアリア」14巻の感想

Category: 過去記事
緋弾のアリアXIV 招かれざる海霧 (MF文庫J)
赤松中学
メディアファクトリー (2013-04-24)
売り上げランキング: 259

内容(「BOOK」データベースより)
東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。修学旅行2で香港を訪れていたキンジたちは孫と遭遇し、激闘の末に一旦は勝利を収める。そして、極東戦役の交渉につくために敵の本拠地・藍幇城を訪れる。しかしそこには甘い罠が潜んでいて…?G3を一撃で倒したの如意棒が、再びキンジたちを襲う!未曾有の大ピンチをキンジは乗り切ることができるのか―!?大スケールアクション&ラブコメディー第14弾。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2013
05.09

「劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」の感想

Category: アニメ
「 劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 」 エンディングテーマ 「 いつもこの場所で 」
彩音
メディアファクトリー (2013-04-24)
売り上げランキング: 236

ストーリー★★★★★ キャラクター★★★★★ 世界観★★★★☆

あらすじ
2011年の東京。タイムマシンや、過去にメールを送るシステムであるDメールもないシュタインズ・ゲート世界線へ、狂気のマッドサイエンティストと自ら名乗る鳳凰院凶真こと岡部倫太郎がたどり着いて1年がたっていた。そんな中、未来ガジェット研究所にいた岡部は久方ぶりに牧瀬紅莉栖と顔を合わせる。岡部は、久しぶりに集まったのだからと円卓会議(パーティー)の開催を提案し仲間たちと楽しむが、紅莉栖には気になる出来事があった。

続きを読む
Comment:0  Trackback:1
2013
05.05

「大電撃文庫展」に行ってきたことの記録

Category: 日記
先日、池袋で開催されたイベント「大電撃文庫展」に行ってきました。

電撃文庫関連のイラスト原画の展示が主で、他にはグッズ販売や抽選者のみのサイン会などが催されていた。

image_20130504032530.jpg
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2013
05.02

「ソードアート・オンライン」12巻の感想

Category: 過去記事
ソードアート・オンライン (12) アリシゼーション・ライジング (電撃文庫)
川原礫
アスキー・メディアワークス (2013-04-10)
売り上げランキング: 42

ストーリー★★★☆☆ キャラクター★★★★☆ 世界観★★☆☆☆

内容(「BOOK」データベースより)
幼少の頃から追い求めた少女・アリスとついに再会したユージオ。しかし、そのアリスに、昔の―“ルーリッドの村”時代の面影は無かった。禁忌目録を破ったキリトとユージオを捕らえるために来たというアリス。彼女に幼少の記憶は無く、そして自身を“整合騎士”と名乗った。“公理教会”の象徴“セントラル・カセドラル”の地下牢に繋がれたキリトとユージオだが、キリトの機転でどうにか脱出を果たす。キリトが“外部”の人間であることを見抜いた謎の少女・カーディナルの助けをかり、二人はアリスを“本当の姿”に戻すため、塔の頂点を目指す!しかし、“シンセサイズの秘儀”により生まれた最強の戦士たちが、キリトとユージオの前に立ちはだかる―。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。