2013
10.06

「STEINS;GATE 無限遠点のアルタイル」の感想と考察

Category: 過去記事
STEINS;GATE 無限遠点のアルタイル 初回限定版【書籍】
5pb. (2013-09-26)
売り上げランキング: 15

ストーリー★★★★★ 世界観★★★★★ キャラクター★★★★☆

500ページを超えるボリュームに、急展開に次ぐ急展開。まさに最終巻を飾るにふさわしいできだった。

「カガリの存在って本当に必要だったか?萌花を無理にださなくてもよかったんじゃ・・・」などと思うところもあったが、原作との物語のつながりや人物関係など、なかなかに考えさせられる内容でとても興味深かった。

そこで、せっかくなので疑問に感じたところを詳しく考察したいと思う。


考察する点は一つ。エピローグで最後に岡部がオペレーションアルタイルを決行した必要性である
続きを読む
Comment:2  Trackback:0
back-to-top