--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
01.27

【WoT】要注意戦車一覧【脱初心者への道のり】ver9.13対応

girls.jpg

WoTをプレイしている中、個人的によく見かける上に手ごわいと感じた戦車を紹介したいと思う。あくまで初心者向けの解説なので注意!


Tier4
マチルダ(イギリス中戦車)
このTierにしてはとにかく硬く、砲も高い貫通力と早い装填で同格や格下にめっぽう強い。しかしかなりの鈍足。中戦車ではなく重戦車と考えて、正面の撃ちあいは避けて相対するのがいいだろう。

ヘッツァー(ドイツ駆逐戦車)
最終砲である100mm榴弾砲の単発火力が高く、貫通すれば同格を一撃で屠る威力をもつ。火力に秀でている分、HPが270と少なく、装甲も傾斜があるとはいえ硬くはないので落ち着いて対処しよう。駆逐戦車は総じてどちらを向いているのかに注意して立ち回りたい。


Tier5
M4シャーマン(アメリカ中戦車)&Ⅳ号戦車(ドイツ中戦車)
搭載できる10.5cm榴弾砲がかなり強い。榴弾なので貫通力はそこまで高くないものの、あたりどころが悪く貫通されると300越えのダメージもありうる。体力、装甲の面では優れているわけではないが、機動力があるので被弾率を下げる戦い方を心得ている人が乗るとかなりの強敵となるだろう。

AT2(イギリス駆逐戦車)
弱点を知らないと絶望するくらい貫通できない装甲の厚さを持ち合わせている。一発の威力は決して高くはないが、こちらがダメージを与え損ねていたらいつのまにか瀕死ということもありうる。上位TierでもAT系は硬い装甲で立ちふさがってくるここでしっかりとキューポラを狙うくせをつけたい。

KV-1(ソ連重戦車)
機動力はないが重装甲と単発威力の高さで前線を張れるこの典型的な重戦車の存在は、ゲームを始めた誰もがぶち当たる壁となっている。このTeirでは全体的に戦車の体力が低く、重戦車一体にも蹂躙される可能性があるので注意してあたりたい。


Tier6
Hellcat(アメリカ駆逐戦車)
広大な視認範囲、高い隠蔽率、高威力で高精度の主砲、最高速度70キロ越えと偵察から火力支援までこなすかなり厄介な回転砲塔付きの戦車。その分車体がわずか15mmと紙装甲なので発見できれば簡単に倒せる。しかし上手い人は見えないところから撃ってくるので前線を貼るときは長距離の射線を考慮して戦いたい。

KV-2(ソ連重戦車)
格上にも通用するような高々威力の榴弾砲を搭載できる。反面、精度は劣悪で装填も自走砲並にかかるなど、まさにロマンを詰め込んだ戦車となっている。前線から一歩引いたところで火力支援をするなど、上手く使われるととんでもないダメージを叩き出すのでかなりの注意が必要。敵でも味方でも、長い装填時間を考えてプレイしたい。

T37(アメリカ軽戦車)
tier6随一の性能を誇る軽戦車。HPが少ないことを覗けば中戦車をも凌駕する。良好な視認範囲と隠蔽を生かした偵察と、精度と貫通力に優れた砲を生かした火力支援を両立した厄介な戦車。距離をあけて戦うのは得策ではないので後回しにして最後にじっくり包囲殲滅するのがいい。

cromwell(イギリス中戦車)
軽快な足回りと高DPMの砲をもち、終盤まで生き残られると非常に厄介な戦車。1体1で付け入るスキがあるとするならば、砲の精度がかなり悪いので相対するときは敵との距離を意識して戦うといいだろう。


Tier7
T29(アメリカ重戦車)
砲塔の前面装甲が279mmと格上でも抜ける戦車はそういないため、ハルダウンされるとかなり厄介。おまけに砲の威力も高いため、Tier7の中では最強の一角と言えるだろう。正面きっての勝負はできるだけ避けて、側面を撃ちたいところ。前面しか狙えないのなら車体の下部、もしハルダウンされてしまった時はキューポラを狙うしかない。その場合は高い砲の精度が必要とされる。

TigerP(ドイツ重戦車)
車体前面装甲200mm、砲塔前面装甲120mmと傾斜はないが防御に秀でているのが特徴。車体のほうが硬いため間違っても車体を撃たないように。砲の威力、精度はそこそこ高いが射角はあまりないので地形をうまく利用して戦いたい。また履帯が切れやすいので格下で相対した場合は味方のために履帯切りに専念するもよし。

M41Bulldog(アメリカ軽戦車)
威力150のAPCRを10発連続で撃てるというとんでもない性能の砲をもつ、ゲームバランスを崩壊しかねない戦車。軽戦車に必要な足回りや視界も良好で、これといった弱点がないのが困ったところ。とにかく接近されないように注意して、近距離でのタイマンは絶対に避けよう。


※Tier8以降はどの戦車も個性的で、敵戦車装甲の弱点や装填時間などの知識がなければ苦戦を強いられることが多い。自分と相手の戦車をしっかり理解することが勝利への近道である。ここではその中でもとくに注意したい戦車をあげることにする。


Tier8
AMX 50 100(フランス重戦車)
装甲は紙同然ながら、自動装填で高い瞬間火力を発揮できる攻撃に特化した戦車。機動力もなかなかで突破力に秀でている。自動装填は弾倉交換が長く扱いが難しい戦車ではあるが、味方との連携次第では非常に厄介な相手となる。自動装填すべてに言えることだが、相手に車体をさらす時間は極力短くし、装填中で無防備の敵には多少無理してでもダメージを与えておいたほうが後々楽になるだろう。

IS-3(ソ連重戦車)
機動力や砲の威力がバランスよく重戦車として人気のあるISシリーズだが、特筆すべきはこの戦車から手に入れる防御力。ソ連のお家芸である傾斜装甲は数値以上の硬さを出すので、弱点をしっかりと理解し的確に撃たなければダメージが与えられずに苦戦する。使用率が高いのでこの戦車で弱点をしっかりと狙う癖がつけたい。

Rhm.-Borsig Waffentrager(ドイツ駆逐戦車)
高い隠蔽率と全周砲塔を持つドイツ新TD。野良では特に隠蔽率と視認範囲がものをいうため、この戦車は非常に厄介な相手となる。しかし狙撃できる場所はMAPによってそれぞれ定位置があるため、逆にどこにいるのか想像しやすい。最近では750ダメージの15cm砲を使う人が増えたので、一目でどちらの砲が判断できるようにしておくことが大事。

T49(アメリカ軽戦車)
非常に足回りのよい軽戦車でありながら15cm榴弾砲というとんでもないものを搭載した戦車。精度が劣悪で装填時間も長い一発屋ではあるため決して強いというわけではないが、油断してると痛い一撃をくらうことになる。T49が照準を置いている場所は気を付けて攻めることと、接近を許さないことが大事。


Tier9
VK 45.02 (P) Ausf. B(ドイツ重戦車)
このTierからがドイツ重戦車の本領発揮。非常に硬い正面装甲をもつ。間違っても車体下部を狙ってはいけない。正面からはまともな弱点がキューポラしかないため、できるだけ勝負は避けたい。弱に側面はペラペラなので、どうしても倒したいときは思いっきり横に回ろう。

T54E1(アメリカ中戦車)
ほかの自動装填もちと同じく、機動力と火力が高いが装甲がない戦車。特筆すべきは格段にあがった砲の性能。威力390の砲が2秒間隔で4発飛んでくる。

T95(アメリカ駆逐戦車)
正面装甲がとても高く、tier10戦車でもキューポラを狙わないとダメージが与えられない。火力も750と高く、味方重戦車とともに前線を張ってくる厄介な駆逐戦車。幸いゲーム中再鈍なので、履帯を切るなり回り込むなり落ち着いて対処したい。

Tortoise(イギリス駆逐戦車)
ゲームNo1のDPMをもつ戦車。正面切っての殴り合いは圧倒的に不利なので、鈍足なのと回転砲塔をもたない弱点をうまくついて立ち回りたい。


Tier10
T57 Heavy(アメリカ重戦車)&AMX50B(フランス重戦車)
1マガジン約1600ダメージの高い瞬間火力を持つ。それを発揮する機会を、機動力を利用して自分から作り出すことができるのがこの戦車の強み。仲間と連携して積極的な動きをしてくるのでかなりの注意が必要。具体的な装填時間は前者が約23秒で後者が約26秒

T110E3(アメリカ駆逐戦車)
ゲーム中最強の前面装甲を持つ。同格重戦車でも正面から戦うに課金弾が必須となる。側面、背面をとりたいところだがTier10戦場では敵味方、戦車の使い方がわかっている人が多いので困難を極める。回転砲塔がないので素直に履帯を切って慎重に弱点を狙うのがいいだろう。

Bat.-Chatillon 25 t(フランス中戦車)
tier10戦場において、中戦車は中tier帯の軽戦車みたいな役割になる。そのために必要な機動力、視認範囲、隠蔽率を持ち合わせ、なおかつ自動装填もちで火力も高い。戦場をかけまわる彼らの動きが戦局を動かすことも大いにありうるので、優先的につぶしておきたい戦車の一つ。

FV215b183(イギリス駆逐戦車)
単発火力のために装甲や装弾数などいろいろ捨てたロマン戦車。その威力はすさまじく、貫通すればTier8戦車なら一撃で爆散されかねない。注意したいのはこの戦車だけがもてる課金弾HESH。貫通しなくても榴弾と同じように平均ダメージの半分以下が入ってしまうため、被弾そのものを避けるのが賢明である。

WT E 100(ドイツ駆逐戦車)
現環境最強火力と言っても過言ではない戦車。自動装填には珍しく精度が非常によく、遠距離もお手の物。終盤で体力満タンのこの戦車と出会ったときは絶望の一言。特に初弾で履帯を切って動けないところに3.4連発確実にダメージを与えるコンボがえげつない。幸い図体が大きく隠蔽率が劣悪なため、発見できたら優先的にダメージを与えたい

E100(ドイツ重戦車)
HPが2700と非常に高い上に、硬い装甲が全周を覆い、とにかくタフ。おまけに単発750という高威力の砲をもち、少人数同士の撃ちあいが発生しやすいランダム戦では一番殴り合いに強い戦車といえるだろう。足回りもそこまで悪くないので、そうそう無視できないのも難点。味方の駆逐や自走に任せるか、装填時間の長さを付いて複数人で当たるといいだろう。


※自走砲、課金戦車に関しては考慮外

脱初心者への道のり


スポンサーサイト
Comment:1  Trackback:0
2015
01.23

【WoT】パーソナルミッション報酬「StuGⅣ」獲得!

Category: WoT
shot_187.jpg続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2015
01.22

【WoT】パーソナルミッション第一セット達成車両一覧

Category: WoT
ミッション内容は簡潔にするために一部省略しています

中戦車
1.Bc.25t (1両にダメージ、勝利)
2.Cromwell (移動中に1両にダメージ)
3.Cromwell (5分以内に1両にダメージ)
4.Bc.25t (履帯切りしてさらにダメージ)
5.Cromwell (軽戦車1両撃破)
6.Cromwell (3種類のタイプの車両にダメージ)
7.Cromwell (自走砲1両撃破)
8.Bc.25t (中戦車2両撃破)
9.Cromwell (1両炎上)
10.Cromwell (6発有効弾)
11.Cromwell (体当たり)
12.Bc.25t (中戦車小隊で3両撃破)
13.Bc.25t (中戦車小隊で合計3000ダメージ)
14.T-34-85 (Tierが1段階上の重戦車1両撃破)
15.Bc.25t (駆逐戦車を2両撃破)続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2015
01.14

【WoT】Tier10CWの主力重戦車性能比較【脱初心者への道のり】

今回はTier10クラン戦で主力として使われている重戦車の性能を比較する。

性能を見比べていく中で、どういったMAPで真価を発揮するか考察したい。

比較する戦車はT110E5IS-7IS-4E100の4台である。

FV215b、Mausは砲塔が後ろにある関係上、連携がとりにくいので度外視。また、113も特殊なので今回は見送る。

T57Heavy、AMX50Bは自動装填で役割事体まったく変わってくるので別枠として考えていく。
続きを読む
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。