2016
02.21

【WoT】分隊長を設ける意義【指揮系統】

15.jpg

10人近い人数が様々な性能の戦車を操り一つのチームとなって戦うという点でWoTは非常に戦力性の高く面白いゲームといえるが、その分集団戦において部隊に指示を出す指揮官の敷居は高く、また負担がとても大きい。今回は部隊全体を指揮する人以外に、各部隊をそれぞれ統率する分隊長を設けることの意義を書いていきたい。

実際の試合をイメージすれば簡単に想像できるように、メリットは非常に多い。

各部隊ごと作戦遂行能力があがる
ダメ分散・タゲ集中・細かいルートどりなど、実際その場にいないとわからないことは多い。実際にその場にいる分隊長に仕切ってもらうのと、遠くから指揮官が指示を飛ばすだけのとでは、その部隊の連携力に大きな差が生じる。一番大きいのは意外にも無理な指示に対して無理と言えること。

指揮官が全体指揮に専念できる
各部隊をそれぞれの分隊長が取り仕切ってくれれば、指揮官は作戦目標と各部隊の行動指針だけを考えるだけですむ。考える時間が限られている試合中では、考えないといけない内容は少なければ少ないだけいい。

以上の効果は容易に想像できるだろう。しかしメリットはそれだけではない。長期的な効果として、以下の効果も忘れてはいけない。

指揮官になるきっかけとなる
自発的に声出しを行い指揮官の作戦を理解することに努めていると、そこから自分で指揮をしてみたいという人が表れる可能性がある。全体を引っ張ることと、サポートではやるべきことに大きな違いがあるものの、それに対して挑戦するきっかけになるのは意外と無視できない。

注意する点として、統括分野を明確にすること、メインとなる指揮官の指示を上書きしないことが上げられる。複数いる分隊長が、自分の担当する部隊の範囲を越えて指示を出し始めてしまうと指示が重複して混乱を呼ぶ。指揮官の作戦指示自体に介入してしまうとなおさらである。どちらの場合も言いたいことがあれば、提言程度に抑えることが大事になってくる。

クランの方針や人間関係など、指揮は非常にややこしい問題ではあるが、部隊の連携が上手くいってない、ボイスチャットで話せる人が多くないといった場合は導入してみたはいかがだろうか。


「集団戦のすすめ」シリーズ

Comment:0  Trackback:0
2016
02.21

【WoT】セカンダリスキルの考察【脱初心者への道のり】※更新

セカンダリスキルの優先度を戦車の種類ごとに考察。

人によって大きく意見がわかれるところなので一つの考え方として参考にしていただきたい。

第六感戦友に関してはすべての戦車に取得を推奨するので割愛する。
戦友を取得するタイミングとしては、3列目のスキルがとれるタイミングでスキルリセットを行うと第六感も取得できるので効率がよい。
続きを読む
Comment:3  Trackback:0
2016
02.07

【WoT】ひっそりと参加したCWC4の感想【CALM】

Category: WoT
一カ月にも及ぶクランウォーズキャンペーン(CWC4)が終わりました。周りの人たちが色々な形で感想を書いているのをみて、自分もせっかくなので書いていきたいと思います。

今回のキャンペーンへの参加は、多国籍クランである「CALM」に拾ってもらうことで実現しました(メインは英語です)。

もともと一月からは新しい仕事が始まるということで、今回の参加は見送ろうと考えていました。ところがTier6のステージが終わった日に、指揮経験があり英語でコミュニケーションがとれるという点を買われ知り合いのtakapeさんからお誘いがあり、早くも新しい生活に慣れ始めていた自分は調子に乗ってそれを承諾。途中参戦が決まりました。

知らない人がたくさんいる中での数カ月ぶりの指揮(しかも英語で)は、それはもうひどいものでした。しかしCALMにはいろいろなタイプの指揮官が複数人いて、その人達と作戦についていろいろ話し込むなかで、自分も今一度指揮の考え方を見直すいい機会なりました。やはりメインの指揮官を置いた状態で、2,3人のサブ指揮官が試合中に適宜メイン指揮官を補佐できる環境が当然ですけど一番安定するのだと実感しました。

Tier8もTier10のステージも序盤はバタついたものの、指揮官たちがすぐにCALMというクランに合った作戦へと修正を加えていけたからこその今回の結果だったと勝手に思っています。

CALMというクランに対する印象は、細かい押し引きは苦手だけれども、一度主力の部隊を殴り合いにもっていければ個々の技量で殴り勝つことができるクランといった感じでしょうか。確かにユニカムの集まりではないですけど、日々に拠点戦で鍛えられているという感想をもちました。このまましばらくCALMに残ろうとおもっているので、クラメンの皆さん、今後ともよろしくお願いします。

あと聞いた話によりますと、CALMは非アクティブを40人くらい切って新規募集を募るみたいなので、クランを探している方はぜひ一緒にやりましょう。多少英語を聞き取れることと、使えるTier10車両を一両もっていれば申請許可が下りると伺っています。

話が横にずれましたが、やっぱり一度やりこんだゲームは久々にやると本当に楽しいですね。仕事中もタクや編成を考えたり、緊張に打ち勝ったりと大変でしたが、とても充実してました。

来週からは艦これのイベントが始まりますし、しばらくはやるゲームに事欠かなそうでうれしいです。


P.S.
報酬車両はM60をゲットするつもりです。周りからはObj907を強くお勧めされるのですが、強さよりもカッコよさで選びたいと思います。


Comment:2  Trackback:0
back-to-top