2012
11.09

「新約 とある魔術の禁書目録」5巻の感想

Category: 過去記事
新約 とある魔術の禁書目録(5) (電撃文庫)
鎌池和馬
アスキー・メディアワークス (2012-10-10)
売り上げランキング: 116

内容(「BOOK」データベースより)
11月。超巨大文化祭『一端覧祭』の季節がやってきた。そんなさなかに、ようやく学園都市に戻ってきた上条当麻。ロシアより勃発した第三次世界大戦を起因とする『対グレムリン遠征』を経て、ついにインデックス御坂美琴とのほのぼのした平穏な日常が戻ってきた―。そう楽観していた上条当麻だが、意外な人物の登場で、その願いは虚しく霧散することに!?彼の前に現れた最強の『敵』とは?セルフ迷子メーカーなフレメアの保護者となって学園都市内を走り回る浜面仕上や、打ち止め(ラストオーダー)の子守りでキレる平常運転な一方通行(アクセラレータ)、リハビリついでに手料理を作る麦野沈利などなど…学園都市を舞台として、『新約』シリーズは新展開に突入。


舞台が再び学園都市に戻ってきた。今までハワイやロシアなど色んな場所で話は進んできたが、やはり学校など上条当麻の日常が確かに存在するここが一番しっくりくる。しかし戻ってきたのにインデックスの登場が皆無に等しいのは何故だろう…。最早空気以前に登場しなくなってきて少し寂しい。

今回は上条当麻が人を疑うことをテーマに書いたとあとがきで筆者が言っていたわけだが、周りが主人公像を押し付けるってどうなんだろう。助けてとも言ってこない人まで助けるような聖人君子がヒーローとは自分は思わないが、それぞれの勢力を後ろで操ろうとする思惑が複雑に絡まりすぎて訳がわからなくなってきた。

展開上、非日常も大事だが同じくらいキャラたちの日常もみたい気持ちもある。出番が少ないとはいえ、一方通行や浜面の日常的な描写があるのは読んでいて楽しい。相変わらず御坂とは進展がなかなかないが。

そして遂に幻想殺しの正体がわかると思いきや、まさかの上条さんダッシュ。確かにあれだけ揉め事に巻き込まれたら逃げたくなる気持ちも分からなくはない。一応、幻想殺しは世界の基準点という説明だがまだまだ謎がありそうな予感。

ラストで実弾に倒れて瀕死の上条。それでも病院を抜け出すとは流石主人公といったところ。この事件がどう解決するかだけでなく、それがどのように今後のストーリーにどう影響してくるのか期待大だ。

関連記事
トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/115-2736b886
トラックバック
新約 とある魔術の禁書目録(5) (電撃文庫)posted with amazlet at 12.11.03鎌池和馬 アスキー・メディアワ
まとめ【「新約 とある魔術の】 dot まっとめBLOG速報dot 2012.11.13 20:55
コメント
今晩は。

タイトルからして、何を持って新約としているのやらですね。(^^;
取敢えず、電撃姫を何とかしてみたいものですね。


でも、この作品ってかなり長い事続いていますね、素晴らしいと思います。(^^
SUPPLICEdot 2012.11.09 20:20 | 編集
新キャラが次々と登場させるのもいいですが、
既存のキャラとの交流をもっと掘り下げてほしいのはありますよね。

長い分スペースと金がw
チーズカレーdot 2012.11.11 04:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top