2013
02.15

「しなこいっ」の感想

Category: 過去記事
完全版 しなこいっ (上) (角川コミックス・エース 353-1)
神崎 かるな
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-11-23)

ストーリー★★★☆☆ キャラクター★★★★☆ 世界観★★★★☆

内容紹介
短剣道を使い「跳ね馬」の異名を持つ少女・遠山桜と、不可視の魔剣「雲耀」の後継者・榊龍之介…二人の剣が重なる時、運命が動き出す――!!唯一無二の美少女×短剣道バトル漫画!


まさに、隠れた名作と呼ぶに相応しい漫画だった。紹介してくれた友人にこの場を借りて感謝の意を表したい。

主に現代の剣道のお話。主人公の遠山桜は珍しい短剣道の使い手。自分もこの漫画を読むまでその存在さえ知らなかったのですごい新鮮だった。

表紙を観れば一目瞭然、桜がとても可愛い。可憐で強い女の子はやっぱり魅力的。そして典型的な恋には初心というパターンがよかった。

バトルの中では人間離れした動きが連発されるものの、筋肉の動きなどが丁寧に説明されていて、それがなかなか理にかなっていた。逆に剣道の奥深さに驚かされるシーンが多かった。

個人的に思ったのは、平和な現代の中で行われる戦闘という2つの要素が少しアンバランスだった気もする。真剣ではなくあくまで竹刀による剣道のバトルには違和感を感じた。

しかし、全体的には高評価。なぜ人気にならないのか不思議なくらいいい作品である。



続編として、下の「竹刀短し恋せよ乙女」が出ているがもちろんこれも読んだ。相変わらず戦闘が多かったが、恋愛要素が増えていて遠山桜がさらに可愛かった。

実は以前から右の応援バナーに貼っているのはこれの2巻についてだったりする。


竹刀短し恋せよ乙女 (1) (角川コミックス・エース 353-3)
神崎 かるな
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-12-19)

関連記事
トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/117-dfe4dec9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top