2012
11.28

「エウレカセブンAO」完結編の感想と総評

Category: アニメ
エウレカセブンAO 1 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2012-06-22)
売り上げランキング: 12070

完結編まで期間を置いたせいでどうやって矛盾なく終わらすのかのハードルが上がったのは仕方のないことだとは思う。それを考慮しても、強引に話をまとめた感があったのは否めない。

クォーツガンで今まで重点的に話題を展開していたところをころっと変えるのは矛盾がないとしてもあまり面白くない。トゥルースがアーキタイプとして普通に味方になっていたが、正直違和感ありまくりだった。

結局話題だった世界観の問題は、刻まれた月を見た感じ原作に近い世界の未来と過去ということか。クォーツガンによって世界が変化しているので全く同じとは断言できないだろう。

色々話はこじれたが、成長したレントンはかっこよかった。息子のためなら世界をも敵に回す勢いにほれた。達観しているわけでもなく、必死が伝わる感じは声が変わっていても原作を思い出す。

[Leopard-Raws] Eureka Seven Ao - 24 END (TBS 1280x720 x264 AAC).mp4_snapshot_18.41_[2012.11.28_00.35.46]

戦闘シーンもボードアクションが盛りだくさんで熱かった。最初からとは言わないが、中盤くらいでこのくらい動いてほしかった。結局、アオニルバーシュは最後まで好きになれなかった。武装がミサイルや機関銃なのは、レントンのニルバーシュがレーザーだけにやっぱり映えないと思う。

[Leopard-Raws] Eureka Seven Ao - 24 END (TBS 1280x720 x264 AAC).mp4_snapshot_10.31_[2012.11.28_00.31.43]


そして究極的に、ヒロインは誰だったのだろうか甚だ疑問である。ナルは寝たきりだったし、レイナらは完全に空気と化していた。アオ的にはナルなんだろうけど、個人的にはエウレカであってほしいと思っている。なぜなら一番可愛いし、可愛さは正義ですから。

このアニメ全体をまとめると、原作をまたみたくさせる作品だった。まさかそれこそが真の狙い!?w


追記
前回の記事を読み返してみて思ったが、シークレットの形が原作を想起させるようなものだったのは全く触れられなかったな

関連記事
トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/122-fcd2fc21
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top