--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
02.13

「ワンパンマン」1,2巻の感想

Category: 過去記事
ワンパンマン 1 (ジャンプコミックス)
村田 雄介
集英社 (2012-12-04)

ストーリー★★★★☆ キャラクター★★★☆☆ 世界観★★★★★ 

内容紹介
一撃必殺! 強くなりすぎて、どんな凶悪な怪人もワンパンチで倒してしまうヒーロー“サイタマ"。平熱系最強ヒーローの伝説開幕!! WEB界のカリスマと超絶絵師タッグが贈る、日常ノックアウトコミック!!


ウェブ連載で一度は読んだにも関わらず、作品の面白さと完成度に感動して単行本を買った。単行本オリジナルの作画もちらほらとあったので2度楽しめた。

ワンパンマン」はもともとONE氏がネットで連載しているウェブ漫画。その人気さから、ジャンプの「アイシールド21」などを描き作画の細かさに定評がある村田雄介氏がタッグを組んでリメイクした作品。

ストーリーは典型的な主人公最強系。よほどの相手じゃないと一発で敵を吹っ飛ばせるほどの実力をもつ。性格は穏やかなほうで、印象はスキンヘッドが非常に似合う憎めないやつ。

強すぎるせいで周りに理解されない描写など、ある種のもどかしさがストーリーをより奥深いものにしていると思う。

主人公は強すぎるが、弟子となるジェノスなどは接戦を繰り広げて純粋なバトルも楽しめるから飽きない。敵も特徴的でおもしろいやつが多いからなお良し。

これは読んでよかったとハッキリ思える作品だった。今後はヒーロー協会に参加するなど出場キャラが一気に増えるからますます楽しみだ。


読んでみたい方のために下にリンクを貼っておきます。

となりのヤングジャンプの連載ページ

原作の連載ページ

関連記事
トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/165-61a01d72
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。