--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
03.30

「ROBOTICS;NOTES」最終話の感想と総評

Category: アニメ
ROBOTICS;NOTES 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2013-01-23)
売り上げランキング: 3,755

ストーリー★★★☆☆ キャラクター★★☆☆☆ 世界観★★★★☆

同じシュタゲの会社で、しかもシュタゲと繋がりがある作品なら良作に違いないと期待してしまったのが間違いだった。個人的には残念な結果となってしまった。

問題は最後まで、なんともいえない感が拭えずに終わったこと。ロボットとオタクの物語と世界観は悪くなかったのに、ストーリーがいちまちだった。話を大きなものにしようとしたのかもしれないが、終盤まで明かされない謎が多すぎた気がする。

robotoc.jpg

最終回は、もっとモノポールモーターがファンタジー要素強めでありえない機動をしてもよかったと思う。クライマックスなら、変にリアリティもたせる必要もなかったかも。

robot.jpg

キャラも主人公を初め、いまいち冴えないと思うやつらばっかだった。特にフラウボウは違和感しかなかった。いくらオタクという設定でもあそこまでやるならもう少し美少女にしてやれなかったのか。

それもこれも、主人公海翔が悲しいくらい主人公タイプじゃなかったということだろう。彼が基本ゆるーく構えているから周りのキャラとの会話は弾まないし、展開的に盛り上がっていざ熱くなっても微妙な感じが漂っていた。

自分のピークは序盤のロボコンを準優勝した時だった気がする。なんで最後まで律儀にみていたのか不思議だ。

roboti.jpg


結局ひたすら天王寺綯を追いかけて終わったな。どんだけシュタゲ好きなんだ自分…。

関連記事
トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/200-f5b5cf7f
トラックバック
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2016.08.25 01:44 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2016.08.25 19:24 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2016.08.26 19:53 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2016.08.31 08:53 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2016.09.01 13:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。