2013
04.02

「PSYCHO-PASS」最終話の感想と総評

Category: アニメ
PSYCHO-PASS サイコパス VOL.1【Blu-ray】
東宝 (2012-12-21)
売り上げランキング: 765

ストーリー★★★☆☆ キャラクター★★★☆☆ 世界観★★★★★

シビラシステムからサイコパスと、非常によく考えられていた作品だった。序盤は物語の展開が遅くてもどかしさを感じたものの、槇島の本格的な登場から一気に面白さが加速して段階的に盛り上がったので観ていて苦ではなかった。

最終回の前半の対峙は意外とあっけない終わり方だった。でも後半の内容がよかったし、そもそも戦闘がメインではないので問題なかった。どんな作品でもエピローグが割と好きな自分にはいい構成だった。

psyc.jpg
最後のエピローグの新人登場では、1話のあかねが着任した時と対比させてその成長を描いていたのがいい演出だった。殉職していったもの達の死を乗り越え、未来へと繋がる感じがでていてよかった。

psych.jpg

最近は不景気で日常系などゆるい明るいアニメが売れるらしいが、完全に萌えを排除した作品にも興味深いものが多い。ちゃんと話が作りこまれていれば作画が多少崩れても問題ではないと思う。

主人公あかねの視点というあくまで正常な考え方から物語は描かれていたわけだが、コウガミ視点でも面白かったかもしれない。個人的に彼がその後どうなったかすごい気になる。

psycho.jpg

正義完璧な社会システム道徳的観念。なかなかに難しいことを考えさせるアニメでおもしろかった。

あと後半のEDの曲が作品の雰囲気に合いすぎてた。流石EGOISTだけあっていい曲だったわー。


言及TB
http://ameotokops.blog.fc2.com/blog-entry-377.html
関連記事
トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/201-eb9fab07
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top