2013
04.28

「進撃の巨人」1,2話の感想

Category: アニメ
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2013-07-17)
売り上げランキング: 28

ストーリー★★★☆☆ キャラクター★★★☆☆ 世界観★★★★★

アニメのPVが発表されたときは、原作の作画とかけ離れていたため原作レイプと一部では言われていたが、ふたを開けてみればどうだろう。

躍動感のあるかっこいいOP、カメラワークが光る立体軌道などなかなかに良作の予感がする。

kyoji.jpg

漫画の巨人もなかなかのインパクトだったが、実際に映像で動くやつらの迫力が半端ない。捕食シーンをみると背中が変にむずむずする。さすが人間の天敵と呼ばれるだけはある。

kyojin.jpg

このアニメは、ほんとに演出がよいと感じた。人々の生々しい感情にとてもリアリティーがある。感情的なエレンと、無表情のミカサの対比がいい感じに作用していた気がする。

2話の最後で訓練生になった3人がでてきたが、ミカサが美しすぎて驚いた。不思議とひきつけられる妖艶さを感じる。

kyo.jpg

今季はロボット系がことごとく自分に合わなかったりとあんま多くは観ないことになりそうだ。その分「進撃の巨人」など、観る作品はじっくりと丁寧にみたいと思っている。

余談だが、「進撃の巨人」や「ガンツ」みたいに初めに多数の登場人物がでて、次次と死んでいく作品には一種の中毒性があるとかないとか。言われてみれば確かに人気の一因なのかもしれないな。

関連記事
トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/216-56dcf156
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top