--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
06.04

【WoT】自分のプレイスタイルの再評価【日記】

Category: WoT
腕を磨き成績を伸ばそうと考えているとき、意識的に己のプレイスタイルを認識しておくことの重要性は高いとするのが自分の持論です。スポーツと一緒で、理想とするイメージを具体的に描いてそれに近づけようとするのが上達への近道。そしてそれをする上で必要なのが冷静に自分の動きを分析すること。

もちろん使う戦車やMAPによって細かい動きは変わってきますが、自分の中で基本的な考え方がまとまっていれば、目まぐるしく状況が変化する戦場においても迷わずに行動できます。もしそれが結果的に失敗に終わっても次は別の選択肢を選べばいいだけ。迷った上に中途半端な動きをして爆散していては次につながらない。

幸いスポーツと違いWoTでは具体的な数値となって表示される上、システム上一瞬で勝負がつきにくいのため考えをまとめる時間があるという点でやりやすいですね。

長い前置きとなりましたが本題に入ります。

最近ひたすらに実績の数値を伸ばすことに躍起になっていた自分ですが、そろそろプレイスタイルの幅を広げてもいいのではないかと思い始めました。

と思ったのも、最近になって他人からプレーの評価を求められることが多くなったのと、M103やT110E5といったバランスがいいゆえに扱いに困る戦車でよい成績を残していないことから、自分の弱点が浮き彫りになってきたのが理由です。

自分が得意とするプレイスタイルを簡潔にまとめると、良好な機動力と精度のいい砲を武器にヒット&アウェイを繰り返し、少ない被弾率で体力を温存してより多くの射撃回数を稼ぐというもの。

逆に不得意なプレーは正面切ってのライン戦や超近距離での格闘戦。ランダム戦でこれらを回避しようと思えばいくらでもできます。実際そうやって得意なプレイを徹底することで一戦あたりの平均経験値、平均ダメージは伸びてきているし、このまま順調にいけば自分が目標とする数値になることでしょう。

しかしそれではいつまでたっても折角つくったT110E5を満足に扱うことはできない。これを機に、クラン戦で求められるような綺麗なライン形成、または一気に責め立てるラッシュを積極的に自分からできるようにしたいです。

中隊戦の指揮をするときも、陽動部隊を使ったり裏をかいたりする搦め手の作戦を減らし、正面切って勝負する作戦をとっていきたいところ。


得意なプレイスタイルに合った戦車を選ぶのもいいですが、ときにはこのように使い慣れない戦車をやってみると思わぬ発見があったりするからWoTは面白い。(自分には合わないと一蹴したパーシングも買い戻すのも考え中)


あとは直接関係ないが、相手の位置を予想しためくらうちの成功率を上げるよう練習しておきたい。

関連記事
トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/277-ad90654d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。