--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
12.11

【WoT】射撃時間の短縮テクニック【脱初心者への道のり】

23.jpg

戦場で敵に弾を確実に命中させるのに求められる一連の動作は以下の通り

移動→)停止照準発射(→回避

今回はこれを隙なく素早く行うためのテクニックを紹介したい。

敵が出て来るところに照準しておく
あらかじめ照準を絞っておくことにより、発射して回避行動をとるだけで済む。敵が多い序盤は簡単だが、終盤になり敵の数が減ってきたらある程度相手の動きを予測する必要がでてくる。エイムを置いた状態で周りを見渡したいときは右クリックを押した状態でマウスを動かせばいい。

顔を出す前に停止して照準の拡散を抑える(回転砲塔がある戦車のみ)
照準が拡散する原因は車体移動、車体旋回、砲身移動、砲塔旋回。一度車体を停止させてから前後運動のみで車体をだせば車体移動の照準拡散だけで済むため素早く発射に移れる。

装填完了約1秒前に射撃体制にはいることで発射間隔を短縮
ライン戦をしているときに相手の装填時間を有効に使うには、こちらの発射間隔をできるだけ短縮するのが望ましい。必要照準時間を逆算して早目に動き、発射ボタンを押しっぱなしにすれば装填された瞬間に発射できる。

戦う距離によって狙う弱点を選ぶ
平地で近距離なら車体下部、稜線でお互いハルダウン状態ならキューポラ等々。どの戦車にも弱点は複数個所あるので、状況によって楽に貫通を狙える場所を使い分ける。ベストはこちらの弱点を大きくさらすことなく相手にダメージを与え、敵の攻撃を防ぐこと。そのためにも、こちら側の狙われやすい場所もしっかりと把握おくことが大事。

近距離の飛び出しうちではスコープを覗かない
弱点が大きい戦車などを相手にする場合には、スコープを覗かずに射撃することで素早い飛び出し撃ちができる。顔をだした時に奥に思わぬ伏兵がいた場合でも素早く反応できる。なにより照準と砲身のずれを認識しやすいのが大きい。精度のいい戦車なら中距離の射撃でも行える。

オートエイムを駆使する
わざわざ弱点を狙わなくていい戦車に対してはオートエイム機能を使えば余計な照準時間を省ける。推奨される状況は近距離での格闘戦やラッシュ時の移動撃ちなど。逆に稜線越しで相手が完全に見えないときや、敵と角で対面しているときはオートエイムは足を引っ張るので使わないようにしよう。


こういったテクニックを駆使して短縮できる時間は精々1、2秒といったところだが、一瞬の判断が生死を分けることがある戦場では、こうした地道な努力ができるかできないかでは大きく違ってくる。敵にダメージを与えつつ、自身の被弾率を下げることを意識してプレイしてほしい。


脱初心者への道のり

関連記事
トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/307-c2c4bae6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。