2015
06.29

【WoT】Tier8前衛戦用編成【SH】

Category: WoT
45.jpg

今回は私が所属するクランでTier8前衛戦(拠点戦)をやる時にとる編成を紹介したい。

ベースとなる編成はずばりコチラ。

IS-3+T32(5両)、AMX50100(1両)、T-54Light+Ru152(4両)

IS-3+T32(5両)、中戦車(2両)、T-54Light+AMX1390+Ru152(3両)

前線を構築する装甲のある重戦車は少なめにし、機動部隊でMAPを幅広く制圧して戦局を有利に進めるというもの。

この編成のメリットは、火力を発揮しやすい状況に自分たちでもっていきやすいという点にある。相手の配置をみてから再配置するの容易で、とれる作戦の選択肢が多い。またいろんなMAPに対応できるのでランダムでMAPが選択される前衛戦でも比較的安定する。

逆にデメリットは、役割が細分化されるため一両一両の戦闘不能の重みが増すというもの。薄くのばした戦線の一翼が崩れると他が一気に厳しくなる。また、各部隊が一斉に連動して動きため指揮する側も動く側も色々考えて戦わないといけなくなる。さらに単発火力の高い戦車でこもられるとHP的にも切りくずるのに苦労する。


ここで少し前までとっていた編成も紹介する。

IS-3+T32(6両)、AMX50100(2両)、AMX1390+Ru251(2両)

IS-3+T32(6両)、Pershing(2両)、AMX1390+Ru251(2両)

重戦車をベースに組んだこの編成のコンセプトは、主力重戦車が殴り合い他でそれをサポート・カバーするというもの。

この編成のメリットは全体のHPが高く装甲もあるので、うまく正面で殴り合うことができたらかなり優位に戦える。さらには防御に徹している敵に対して強気に攻めることができるのも利点の一つである。

弱点として、重戦車部隊は基本的に一緒に動かないといけないので戦場が部分化してしまうのと(すれ違いでCAP負けするなど・・・)、やろうとしている作戦がばれやすい。または単発火力が高い駆逐が複数いて待ち構えられた時に、搦め手が使えないのでなかなかにしんどい。


どちらの編成にもメリットとデメリットは当然存在し、一概にどちらが強いとも言えない。しかし人によって実力が発揮しやすい・指揮しやすい編成というのはあるので、指揮官のスタイルと参加する人がもっている戦車によって編成を変えるといいだろう。

ちなみにうちのクランは新しい編成にしてから勝率があがったと同時に、ゲームに戦略性が増して私自身指揮していて非常に楽しい。


関連記事
トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/347-ad85037d
トラックバック
コメント
×Ru152 〇Ru251

偉そうで申し訳ありません、ミスあったので書いておきますね。
NoNamedot 2016.03.18 13:05 | 編集
偉そうだなんてとんでもない!
ご指摘ありがとうございます。修正しておきます(>_<)
チーズカレーdot 2016.03.18 22:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top