--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
06.26

おすすめアニメ「CLANNAD」

Category: アニメ
CLANNAD 1 (通常版) [DVD]
CLANNAD 1 (通常版) [DVD]
posted with amazlet at 12.06.17
ポニーキャニオン (2007-12-19)
売り上げランキング: 32102

恋愛★★★★★ 絆★★★★☆ ファンタジー★★☆☆☆

あらすじ
進学校に通う高校3年生の岡崎朋也は、無気力な毎日を送っている。毎日同じことの繰り返し。周りのみんなのように学校生活を楽しむこともできず、毎日遅刻ばかり。そのためか、校内では浮いた存在になっていた。ある日、朋也は学校まで続く坂道の下で、一人の少女と出会う


涙なしでは観れない青春ラブストーリー。泣きゲーで有名なKeyの代表作。ちなみに、同じ会社の「リトル・バスターズ」と違って、エロゲーではない。

一期は23話、二期は24話構成。劇場版とOVAもでている。一期は高校卒業までの話。メインヒロイン古川渚のルートを主軸に置き、矛盾がない範囲で各ヒロインのルートを辿っていく。どうしても矛盾が出てしまう坂上智代藤林杏のエンディングは、違う世界線というかつでOVA化している。二期の「アフターストーリー」は高校卒業とその後の話で、古川渚ルートの延長上に存在する。

原作のゲームはアドベンチャーのジャンルに含まれるが、だだヒロイン達と恋する話ではなく、町や人との絆をメインにすえている作品である。数々の出会いから生まれる人々との絆を重視し、「クラナドは人生」という名言が生まれるほど人の一生を壮大に描き出す。

ゲームもよかったが、アニメをおすすめする理由の一つに曲のよさがある。OP、ED、挿入歌どれをとってもいい曲ばかり。今ではあまり見られない、雰囲気だけでなく歌詞もシナリオに関連しているところがあり各シーンを盛り上げている。ちなみに、自分が一番好きなのは挿入歌の「オーバー」。

最後に一つ。個別ルートがいいのは言わずもがなだが、共通ルートにも独特のよさがある。その一つに、岡崎朋也と春原陽平のやり取りの面白さがある。親友同士である二人の会話はコントさながらのホケとツッコミで絶対に笑ってしまう。「それと便座カバー」はあまりに有名だ。

余談だが、このコンビと「氷菓」の折木奉太郎と福部里志は同じ声優さんが担当している。キャラ設定が違うのでノリは同じではないが、あの面白さはシナリオだけでなく、二人の声の相性のよさにもあったのだと氷菓を初めて観たときに実感した。

クラナドをみて二次元にはまった人を沢山みてきた。二次元との関わりあるなし関係なく充分に楽しめる名作だと思う。


おすすめアニメ一覧はコチラから

関連記事
トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/36-8937876d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。