2015
06.20

【WoT】ハルマゲドンイベントの総括【BLINE】

Category: WoT
shot_268.jpg

短いようで長かった十日間に及ぶイベントがつい先日終わり、いろいろと思うところがあったので、2つの立場からこのイベントを振り返ってみる。

クランマスター的感想
まずはBLINEのクラマスという立場から感想を述べると、肩の荷が下りた気分でほっとしている。BLINEは大手に比べるとできたばかりの急造クランであり、今回のハルマゲドンが初めて臨んだイベントであった。当初掲げていた最低限の目標は入賞者をとにかくだすことであり、結果的に20人以上もランクインし、おまけに無料取得者もだせたので我々としては大金星である。イベント中、特に目立った問題も発生せず、幹部を中心に一体となってイベントに取り組めたことは今後につながる点で大きい。ほんとに良いクラメンに恵まれたとつくづく思う。

個人的(指揮官的)感想
最終的な結果としては悪くなかったが、試合の作戦や編成を振り返ると、指揮官としていまいち戦車の性能を引き出せなかったように思える。普段からランダム戦ではほとんどTier10しか乗っていなかったせいか、Tier8の戦い方がいまいちわからず、結局最後まで順応できずに終わってしまった。IS-3にIS-7の動きを求めたり、T-54LtwtをObj140のように扱って失敗することが多々とあり、反省点は多い。戦車の運用を根本的に見直す必要があるので、できればもうTier8CWはやりたくないというのが正直なところ。指揮官としては未熟さを痛感するところではあったが、それでも結果的に棚ボタでIS-5を無料で手に入れることでき、一兵士としては結果オーライである。指揮官としてはこのイベントをもってひとまず一戦から退き、後続の育成やクラン運営に注力していくことになっているので、しばらくは気の向くまま適当にプレイしていきたい。
関連記事

トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/365-06346759
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top