--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
09.27

【WoT】マップ解説も兼ねた新しい試み【稼げる状況判断講座】

Category: WoT
shot_295.jpg

「脱初心者への道のり」シリーズもいよいよネタ切れになりつつあるので、今回から新たなシリーズを始めようと思います。

タイトルにもある通り、日々のランダム戦において、普段どのように状況判断をしてダメージを稼いでいるのかを、マップ解説も兼ねながら紹介したいと思います。

※単純なマップ解説というものは、他のブログでも積極的に行われているので、ここでは要点だけ押さえるようにします。題材としては、全てトップダメージ、トップ経験値をとれた試合のみ使用します。

【状況説明】
エーレンベルクの北スタートで味方の主力は西に進軍し、北東にも戦力が広がって展開している。敵は陣地付近と東で防衛気味に布陣。マップ全体の6割は取れていて数の有利もあるが、4両のTier10駆逐戦車を始め、攻める気ゼロの敵が遠目から狙いを定めている。敵味方の実力的にも、この時点で勝ち目自体は6割程度といったところだが、足の遅い重戦車でここからどうやって敵との距離を詰めてダメージを稼いでいくか課題。

【マップ解説】
エーレンベルクは東西ではっきりと戦場が分かれているのが特徴。そのためランダム戦では初動でどのように戦力を分けるかで勝敗を大きく左右する。度重なるマップ改変で、東西の行き来がしやすくなった。また基本的に、西の主戦場も東の主戦場も南側が地形的に有利に作られている。東はそうでもないが、西で戦力がぶつかり合った場合はマップ中央が要所となる。




【稼げる状況判断】
南北の味方が健在なうちに中央の橋を渡り、マップ中央を制圧することが重要。東側で防衛する敵に対しては、マップ中央を制圧することが有効に働く。丘上にいる敵の狙撃をスポットし、マップ東端の斜面に張り付いている敵を牽制することで、北側からの攻めを間接的に援護できる。

shot_297.jpg

そして敵が稜線の向こうに身を隠したタイミングを見計らって、被弾覚悟で一気に斜面に張り付く。これで敵の狙撃と自走に邪魔されることなく、目の前の敵と順番に対決することが可能となる。

shot_298.jpg

結局この試合のダメージは4200、アシストも1000くらい入り、ダメージ・経験値共にトップ。いち早く最前線で殴り合いたい重戦車としては、最善の判断だったのではないだろうか。もし南端や北端から攻めようと思ったら、相手のエイムが複数置かれている場所から攻めることになり、ダメージを稼ぐことどころか、いつまでたっても距離を詰めることができなかったであろう。

関連記事
トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/385-123b11b1
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.10.03 09:21 | 編集
非常に参考になりました、ありがとうございます。
HT海苔dot 2015.10.04 06:51 | 編集
> 非常に参考になりました、ありがとうございます。

そう言っていただけると、書いているこちら側もうれしいです。このシリーズ、しばらく頑張って続けてみますね。
チーズカレーdot 2015.10.04 11:14 | 編集
すっごい参考になります。
エーレンは中央からの射線がイマイチ覚え切れていなくて、毎回稼ぎそびれるんですよね…
NoNamedot 2015.10.08 11:41 | 編集
> すっごい参考になります。
> エーレンは中央からの射線がイマイチ覚え切れていなくて、毎回稼ぎそびれるんですよね…

基本的に中央は軽戦車や中戦車が索敵したり狙撃したりするのに使うのが主ですが、重戦車でもうまく活用できる場面があるのでそれを見逃さないことですね。
チーズカレーdot 2015.10.08 17:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。