2012
06.24

「Fate/Zero」最終回の感想と総評

Category: アニメ
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
アニプレックス (2012-03-07)
売り上げランキング: 314


※ネタバレあり

「僕はね、正義の味方になりたいんだ」
ラストで衛宮切嗣のこの言葉を聴いたときの感動は言葉で言い表せない。

聖杯は人々の期待を裏切り、冬木市を壊滅させた。切嗣の目論見は失敗に終わり、セイバーは絶望に打ちひしがれる。はたから見れば勝者のいないバッドエンドとも取れるが、次の聖杯戦争につながる希望のある満足にいる結末だった。「stay night」のスピンオフ作品という特別な立場だからこそできたラストだった。ハッピーエンドじゃなかったのにすごく納得のいったのはそれゆえだと思う。 
シナリオがよかったのは言わずもがな。そしてそれを支えたのは劇場版並の圧倒的な作画のクオリティだった。他の作品と比べて頭ひとつ出ていたと感じたのは、やはり光の使い方にあったと思う。作品全体を通して夜のシーンが多かったが、月明かりの差込み具合や街灯の明かりの強さの使い方がそれぞれのシーンの雰囲気に絶妙にマッチしていた。

また、全体的な雰囲気作りだけでなく細かいところでもそれが見られた。例えば、物語後半でライダーをセイバーがバイクで追走する場面があった、バイクのランプの軌跡を極端に表現していたことで、一段とセイバーのかっこよさが増していた。個人的にはあのシーンが一番心躍った。

空の境界といい、ufotableは情景そのものの美しさを描写するのが上手いと改めて実感した。

あと、聖杯戦争に参加したキャラ達にはぶれない信念がそれぞれ明確にあったのがよかったと思う。キャスター組のように多少常軌を逸していても、確固たる意思をもつ人はやっぱり精神的な意味で強い。騎士道精神、王としての器、そして正義の味方のあり方。それがなんであれ、それらを全面的に表現していたのが登場人物たちをよりいっそう惹き立てていたのだと思う。最近は巻き込まれ型主人公が多いから余計そう感じたのかもしれないな・・・。

シナリオ、作画において他の追随を許さないできだった。
今季で何か一番好きだったと聞かれたら、迷わず「Fate/Zero」と言える。来季からさびしくなる。


ところで、皆さんはどのキャラが一番好きでした?ちまみに自分はスーツ姿のセイバーです。
関連記事
トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/41-116f4c80
トラックバック
コメント
いいアニメでしたねー。またstay/nightがみたくなっちゃいました
NoNamedot 2012.06.25 22:17 | 編集
激しく同感です。また新たな発見がありそうで面白いと思います
チーズカレーdot 2012.06.25 23:08 | 編集
裸王に一票
NoNamedot 2012.07.03 02:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top