2012
08.02

おすすめアニメ「ストライクウィッチーズ」

Category: アニメ

魔法★★★☆☆ メカ★★★★★ 絆★★★★☆

あらすじ
地球とよく似ているが魔力が存在する世界の20世紀初頭、突如出現した異形の敵「ネウロイ」の圧倒的な戦力と瘴気の汚染による大陸侵略が進んでいた。人類は唯一の希望として、魔導エンジンによる飛行脚「ストライカーユニット」を唯一駆ることの出来る魔力を持つ少女「魔女(ウィッチ)」による「機械化航空歩兵(ストライクウィッチーズ)」に望みを託した。


通称「ストパン」。これは彼女達がどうみてもパンツに見えるズボンをはいていることからきている。大事なことなのでもう一度言う。あれはパンツではなくズボンだ。

世界観は第2次世界大戦をベースに描かれている。人類は突如現れた謎の敵ネウロイと交戦状態にあり、その最前線で戦っているのがストライカーユニットと呼ばれる魔法力を増幅する最新鋭の箒を身につけ、自由に空を飛ぶ魔女(ウィッチ)達。

魔女と言ってもRPGの魔法使いとは違う。魔方陣によるシールドで防御しつつ、身体強化で通常では持ち上げることすら不可能な銃火器で戦うのが基本スタンス。そのなかで雷撃や未来予知を駆使するキャラもいる。ちなみに主人公の宮藤芳佳はシールドが大きいのが特徴で、治癒魔法を得意としている。

魔法力のピークは10代で、20歳前後を境に次第に弱まっていくという素晴らしい設定。魔力を使える人間は圧倒的に女性が多く、しかも魔力の影響か容姿に優れた女性が多い。そのため連合軍第501統合戦闘航空団も美少女ぞろいだ。

アニメの1期は12話構成。同じく2期も12話。最近、劇場版が公開された。メディアミックス作品で漫画、小説なども出ている。なぜ動物の耳と尻尾が出現するのかなどアニメでは出てこないウィッチに関する細かい設定は漫画や小説などで明かされているためそちらにも手をつけるのもいいと思う。しかしアニメだけでも充分にストライクウィッチーズの世界を楽しめるのは確かだ。

金属で出来た航空機や陸上兵器のような姿をしているネウロイと戦争中の設定だが、戦うだけのアニメではない。むしろ人間ドラマを主に描いているといってもいい。キャラたちは多国籍だけあってかなり個性豊かである。個人的にはちょっと素直になれない部分があるエイラが好み。彼女の活躍する2期の6話は最終回に勝るほどの神回だった。挿入歌の「SWEET DUET」は素晴らしいほどシーンにあっていた。

バトルのシリアス感と日常のほのぼの感の両方がバランスよく描かれている作品。キャラアニメとは言わせんぞ!


おすすめアニメ一覧はコチラから



関連記事
トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/44-818efb1a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top