--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
07.11

「LUPIN the Third 峰不二子という女」最終回の感想と総評

Category: アニメ
LUPIN the Third 峰不二子という女 BD-BOX [Blu-ray]
バップ (2012-09-19)
売り上げランキング: 288

個人的に洗脳、幻覚、麻薬など精神操作系は好きではないので、最後のオチはあまり好感が得られなかった。ぶっちゃけ、フロエラインオイルのくだりは興味がなかった。丁寧に紐解いてきた記憶がじつは他人のでしたなんて笑えない。

各回のキャラ達の活躍が観れれば満足だった。次元のガンアクションや五衛門の剣裁きは充分堪能できたし、ルパンの推理と銭形のイケメンっぷりもかっこよかった。オスカーだけは、最後まで存在意義が見出だせなかった。警部補までのしあがった実力派の割には、なにがしたかったんだあいつはw
あのレトロチックだけど綺麗な独特の作画には、いい印象をもっていた。影を大雑把な線で描くだけでああも雰囲気が変わるとは感心。唯一の欠点は、あの画風はおぱっいを出して書くのには向いてないと思うw

シナリオ以外は画風、演出、音響ともによかったので全体的に観れば良作だった。一番心に残っているのは五衛門のテーマソング。イメージとバッチリあっていて、五衛門も登場の度に興奮を覚えていた。


しかし沢城さんすごい人気だな。萌えとは少し違って大人の妖艶さを感じる声だと思っているが、ここまで沢山の作品に出るとは。今季もココロコネクトをはじめいろいろ出てるみたいだし。少し人気になったら使いまくる声優界の風潮はあまり好きではないな…
関連記事
トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/47-2f7b3c11
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。