--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
10.08

「輪廻のラグランジェ season2」最終回の感想と総評

Category: アニメ
輪廻のラグランジェ season2 1 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2012-09-21)
売り上げランキング: 382

最後までジャージ部魂のぶれないアニメで、まどかムギナミランの惑星を越えた友情は最強に美しかった。どんな窮地でも相手を思いやられる人の強さを感じることができた気がする。

オクスやら輪廻と最後までよくわからない要素が色々あったが、ハッピーエンドで上手にまとまったからよしとする。いちいち突っ込んでいたらきりがないし、そこは大事な点ではないのでスルー。

大人の事情が重なってどんなに複雑な状況になろうとも、気持ちが全てを解決していしく展開は観ていて爽快だった。設定に矛盾していようとも、誇張すぎるくらいの演出が自分は好きなのでなおさら。

そして、ジャージ部が宇宙展開する面白いラストには満足した。まさに、可愛いは正義だ。


このアニメを見始めたのは、美少女たちによるロボットアクション系のアニメだと勘違いしたからで、結局なんで二期の最終回までしっかり観たのか自分でも謎である。しかし無意識にそこまでさせるなにかがあったのは気のせいではないだろう。

派手な戦闘はなくとも、宇宙を相手取って現状に必死に抗おうとするまどかの姿には感動した。常に自分の器を見失わないのが彼女の強さなのだと思う。

まどかを始め、ランやムギナミにもそれぞれ萌えポイントがあって飽きなかった。


最後に、こんだけ人間関係が絡まっているのに、友情や家族愛ばかりで男女間の愛がほとんど出さなかったのはむしろ興味深い点である。
関連記事
トラックバックURL
http://cheesecurry00.blog.fc2.com/tb.php/96-54c40902
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。