--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
05.17

【WoT】集団戦のすすめ【理論の言語化】


「集団戦のすすめ」シリーズへのリンク集


兵士編

Tier8拠点戦用の搭乗員スキル

集団戦における各車種の役割

バランス型重戦車の存在意義

Tier10CWの主力重戦車性能比較

Tier10駆逐戦車の運用方法の考察



指揮官編

指揮官の心得

基本的な作戦の立て方と練習

10対10形式のTier8CWの戦い方

分隊長システムの概要




Comment:0  Trackback:0
2016
05.14

【WoT】Obj260ミッションもあと少し!

Category: WoT
shot_500.jpg

最近残業が増えてWoTができるのも週末だけとなってしまいましたが、なんとかここまできました。

重戦車、中戦車、自走砲の最終ミッションを名誉達成し、あとは軽戦車と駆逐戦車の最終ミッションを残すのみ。

どちらもなかなか鬼畜な内容ですが、軽戦車ミッションのほうは自身の与ダメージも含まれるようになったらしく、また駆逐ミッションは今月末にGrille15とかいう強戦車が実装予定なのでそれに懸けたいと思います。

ここまできたら折角なのでどちらかを名誉達成ではなく、両方クリアして女性搭乗員を2人獲得したいですね~


Comment:0  Trackback:0
2016
05.05

【WoT】Obj260の重戦車最終ミッションクリア【Maus】

Category: WoT
shot_489.jpg

まさかのまさか。

重戦車の最終ミッションのためだけに買ったマウスでしたが、なんと2戦目でそのミッションを達成してしまいました。

これで残るはあと一つ、駆逐戦車で8000ダメの5キル。Grille15が実装されるのを待って、挑戦したいと思います。

マウスは2戦しか乗っていませんが、とくに乗りたくもないので売りました。


Comment:0  Trackback:0
2016
04.30

【WoT】Obj260の中戦車最終ミッションクリア【Obj140】

Category: WoT
shot_479.jpg

最近なぜか運と調子がいいです。自走砲に引き続き、中戦車の最終ミッション(駆逐戦車に4000ダメ)も達成しました。

適当に小隊を組んで遊んでいて、気づいたら到達しているという最高の展開。

このミッションの辛いところはまずそもそも駆逐戦車が少ないこと。そしてたいてい後方に控えている駆逐戦車のHPを削る時は戦局がどちらかに傾いているときなので、まとまったダメージを取りにくいということ。

この試合は珍しく五分五分のまま試合が進み、さらに終盤でFV215b.183を履帯ハメしてフルHP削れる美味しい展開に。


残すは重戦車と駆逐戦車の最終ミッション。GWをフルに活用して頑張りたいと思います。


Comment:0  Trackback:0
2016
04.26

【WoT】Obj260の自走砲最終ミッションクリア【M44】

Category: WoT
shot_462.jpg
shot_463.jpg

リプレイ(WoTReplay)

ついに終わりが見えてきました。まずは自走砲の最終ミッションをクリア。

イベントでレンタル車両の日本ティーガーを全員に配布したことに合わせて、Tier6アメリカ自走砲でそれらを狩ってきました。

フル金弾に糧食プレイと明らかによくないプレイだというのは承知しています。しかしここまでしないとクリアできないのも事実。

苦しい道のりですが、残りのミッションも気長に挑戦していきたいと思います。


P.S
これを機にCW用の一両以外すべての自走砲を売却しました。

Comment:0  Trackback:0
2016
04.10

【WoT】leKpz M41 90mm GFの使用感(Tier8課金独LT)

Category: WoT
shot_461.jpg

4/1から販売がスタートした新しいドイツの新プレミアムTier8軽戦車。見た目のまんま、M41bulldog(米Tier7LT)にRu251(独Tier8LT)の90mm砲を載せた戦車である。

プレミアム戦車には珍しく照準時間と精度が良く、ストレスなくプレイできるのが最大の魅力。性能的にほぼほぼRu251の劣化になり、まさっている部分は照準時間と俯角が全周8度といったところだろう。

軽戦車と運命としてランダム戦ではTier9マッチング以上になるなかで、いかに通常弾で戦えるかがクレジット稼ぎの鍵となってくる。なぜなら課金弾HEATの値段が異様に高いからだ。(5600)。貫通185mmの通常弾と、榴弾にしては高めに設定されている貫通100mmのHEを駆使してちまちまとダメージを稼ぐ必要がある。

ここまでの話だとランダム戦しかプレイしない人にはあまり魅力的に映らないかもしれないが、本題はここから。すなわち、Tier8拠点戦で出してもいいかどうかである。

答えはイエス

もちろん指揮官が許すかどうかにかかってくるが、個人的には全然問題ないと思っている。当然ながらCWになってくると54ltwtやRu251じゃないと話にならないが、拠点戦レベルならとくに困ることはない。赤字になりたくないからといって重戦車しかださなかったり、中途半端なTier8プレミアム中戦車をだしたりするよりはよっぽどましである。

Tier8としか当たらない拠点戦なら貫通にそこまで困ることはなく、通常弾だけで効率よくクレジットと経験値を稼ぐことができる。拠点戦を積極的にやりたい人には是非ともおすすめしたい戦車だ。



Comment:0  Trackback:0
2016
02.21

【WoT】分隊長を設ける意義【指揮系統】

15.jpg

10人近い人数が様々な性能の戦車を操り一つのチームとなって戦うという点でWoTは非常に戦力性の高く面白いゲームといえるが、その分集団戦において部隊に指示を出す指揮官の敷居は高く、また負担がとても大きい。今回は部隊全体を指揮する人以外に、各部隊をそれぞれ統率する分隊長を設けることの意義を書いていきたい。

実際の試合をイメージすれば簡単に想像できるように、メリットは非常に多い。

各部隊ごと作戦遂行能力があがる
ダメ分散・タゲ集中・細かいルートどりなど、実際その場にいないとわからないことは多い。実際にその場にいる分隊長に仕切ってもらうのと、遠くから指揮官が指示を飛ばすだけのとでは、その部隊の連携力に大きな差が生じる。一番大きいのは意外にも無理な指示に対して無理と言えること。

指揮官が全体指揮に専念できる
各部隊をそれぞれの分隊長が取り仕切ってくれれば、指揮官は作戦目標と各部隊の行動指針だけを考えるだけですむ。考える時間が限られている試合中では、考えないといけない内容は少なければ少ないだけいい。

以上の効果は容易に想像できるだろう。しかしメリットはそれだけではない。長期的な効果として、以下の効果も忘れてはいけない。

指揮官になるきっかけとなる
自発的に声出しを行い指揮官の作戦を理解することに努めていると、そこから自分で指揮をしてみたいという人が表れる可能性がある。全体を引っ張ることと、サポートではやるべきことに大きな違いがあるものの、それに対して挑戦するきっかけになるのは意外と無視できない。

注意する点として、統括分野を明確にすること、メインとなる指揮官の指示を上書きしないことが上げられる。複数いる分隊長が、自分の担当する部隊の範囲を越えて指示を出し始めてしまうと指示が重複して混乱を呼ぶ。指揮官の作戦指示自体に介入してしまうとなおさらである。どちらの場合も言いたいことがあれば、提言程度に抑えることが大事になってくる。

クランの方針や人間関係など、指揮は非常にややこしい問題ではあるが、部隊の連携が上手くいってない、ボイスチャットで話せる人が多くないといった場合は導入してみたはいかがだろうか。


「集団戦のすすめ」シリーズ

Comment:0  Trackback:0
2016
02.21

【WoT】セカンダリスキルの考察【脱初心者への道のり】※更新

セカンダリスキルの優先度を戦車の種類ごとに考察。

人によって大きく意見がわかれるところなので一つの考え方として参考にしていただきたい。

第六感戦友に関してはすべての戦車に取得を推奨するので割愛する。
戦友を取得するタイミングとしては、3列目のスキルがとれるタイミングでスキルリセットを行うと第六感も取得できるので効率がよい。
続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2016
02.07

【WoT】ひっそりと参加したCWC4の感想【CALM】

Category: WoT
一カ月にも及ぶクランウォーズキャンペーン(CWC4)が終わりました。周りの人たちが色々な形で感想を書いているのをみて、自分もせっかくなので書いていきたいと思います。

今回のキャンペーンへの参加は、多国籍クランである「CALM」に拾ってもらうことで実現しました(メインは英語です)。

もともと一月からは新しい仕事が始まるということで、今回の参加は見送ろうと考えていました。ところがTier6のステージが終わった日に、指揮経験があり英語でコミュニケーションがとれるという点を買われ知り合いのtakapeさんからお誘いがあり、早くも新しい生活に慣れ始めていた自分は調子に乗ってそれを承諾。途中参戦が決まりました。

知らない人がたくさんいる中での数カ月ぶりの指揮(しかも英語で)は、それはもうひどいものでした。しかしCALMにはいろいろなタイプの指揮官が複数人いて、その人達と作戦についていろいろ話し込むなかで、自分も今一度指揮の考え方を見直すいい機会なりました。やはりメインの指揮官を置いた状態で、2,3人のサブ指揮官が試合中に適宜メイン指揮官を補佐できる環境が当然ですけど一番安定するのだと実感しました。

Tier8もTier10のステージも序盤はバタついたものの、指揮官たちがすぐにCALMというクランに合った作戦へと修正を加えていけたからこその今回の結果だったと勝手に思っています。

CALMというクランに対する印象は、細かい押し引きは苦手だけれども、一度主力の部隊を殴り合いにもっていければ個々の技量で殴り勝つことができるクランといった感じでしょうか。確かにユニカムの集まりではないですけど、日々に拠点戦で鍛えられているという感想をもちました。このまましばらくCALMに残ろうとおもっているので、クラメンの皆さん、今後ともよろしくお願いします。

あと聞いた話によりますと、CALMは非アクティブを40人くらい切って新規募集を募るみたいなので、クランを探している方はぜひ一緒にやりましょう。多少英語を聞き取れることと、使えるTier10車両を一両もっていれば申請許可が下りると伺っています。

話が横にずれましたが、やっぱり一度やりこんだゲームは久々にやると本当に楽しいですね。仕事中もタクや編成を考えたり、緊張に打ち勝ったりと大変でしたが、とても充実してました。

来週からは艦これのイベントが始まりますし、しばらくはやるゲームに事欠かなそうでうれしいです。


P.S.
報酬車両はM60をゲットするつもりです。周りからはObj907を強くお勧めされるのですが、強さよりもカッコよさで選びたいと思います。


Comment:2  Trackback:0
2016
01.30

【WoT】コロバノフ勲章初ゲット【2万戦分の1】

Category: WoT
shot_413.jpg

久しぶりの投稿になります。今回はコロバノフ勲章取得のリプレイです。

コロバノフ勲章の取得条件は上記の通り、1対5以上の状況から勝利すること。この勲章が実装されて初めて説明をみたときは、普通に考えて低Tier用だと思っていたのでまさかTier10重戦車でとれるとは思いませんでした。

運も絡んでますが、やはりT110E5の装甲buffの恩恵がなによりでかいですね。

初めてビヨット勲章(モジュール破損または乗員の戦闘不能を5以上被り、HPを80%以上失った後に、敵車両を2両撃破し更に生存して勝利する)をSTB-1で取得したのもハリコフでしたし、なにかとこのマップにはいい縁があります。

WoTReplaysリンク

shot_410.jpg


Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。